フィンペシアで薄毛を治療する|副作用把握ネット

男性

薄毛の克服

鏡を見る男性

薬の効果

AGA治療に有効だと言われるプロペシアの主成分であるフィナステリドが入った「フィンペシア」についてですが、フィナステリドの効果に関しては3年以上服用し続ける事で、約8割近くの人達に薄毛改善効果が見られたという報告もあります。このデータから、薄毛改善にかなり期待ができる治療薬と言っても過言ではありません。しかしそういった高い効果が期待できる一方でフィンペシアの副作用が気になるという方も多いでしょう。フィンペシアの副作用としては吐き気や慢性的な疲労感であったり、頭痛や肝機能障害、男性機能の低下などが報告されています。ただ「フィンペシアの副作用によって男性機能が低下する事はない」と言われていたり、肝機能障害についても元々肝機能が低下している人に見られる事が多いフィンペシアの副作用です。そのため、服用後に違和感を覚えたりしたら服用を中止するなど十分に気を付けて服用すれば薄毛改善が期待できる薬です。

薄毛治療薬

日本人の3人に1人が悩まされていると言われている薄毛ですが、AGAを発症してしまいますと、生活習慣の改善や育毛剤・サプリメントなどの対策だけではなかなか改善するのが難しい部分が大きいです。そのため、AGAに有効だとされているミノキシジルやプロペシアなどといった治療薬を服用しないと、薄毛の改善が見込めないとも言われています。そういった治療薬は継続して服用する事で効果を発揮すると言われていますから、長期間の服用が必要なる可能性が高いので、治療にかかる費用の事も考慮しておかなければなりません。ただプロペシアに関しては後発医薬品であるフィンペシアという内服薬があり、個人輸入仲介サイトなどで安く購入する事ができます。近年ではこういった後発医薬品を利用して薄毛治療に取り組む方も多くなっていますから、今後も後発医薬品で薄毛治療を行う方が増えていく可能性が高いです。